ウェブ進化論

blog、久々に書いてみるわ。

なんてことは無い、
他に優先することが多かったから
書いてなかっただけというのもあるんだけど、
けっこう新しいラーメン食べてないのよね。
週、1回ぐらいではラーメン食べてるんだけどね。
同じところばっかり。
近所にあんまりバリエーションないし。

ラーメンは良いんだけど、
最近めずらしくラーメン以外のネタがたまってきたので、
時間があるときにつらつらと書いてみようかな、と。

で、blogを再び書こうと思った理由がある本を読んだからなんだよね。

恥ずかしながら読んだ本がこれ。

こういう仕事を続けて早10年弱。
ネットバブルも経験したし、
大きいサイトの立ち上げもやったし、
そこそこトラフィックがあるサイトの運用もやったし、
「けっこうできてんじゃね?」
ぐらいに思ってたんだけど、
外の世界のことを考えるのをあえてやってなかった気がする。

面倒くさいというか、仕事に追われていたというか、
webの情報だけに頼りきっていたというか。。。

そうこうするうちに外の世界はけっこうスピーディに動いていて、
「すげーなー」
ぐらいには思っていたけれど、
あっという間に追いつけない領域に置いていかれている。

google先生のことを言っているんだけど、
イチユーザとしては当然けっこう活用させてもらっている。
だけど、エンジニアとして考えること、追求することをしてなかったかな、と。

そんなgoogle先生を絶賛しているのがこの本。
2005年に書かれた本なので、
このスピーディな時代からすればけっこう古い本の部類に入るかもしれないけど、
さっき読み終わってみて、そんなに違和感は感じなかった。
けっこう知っていることだらけだけど、
世の中がwebとつながって、どこへ向かおうとしているのかを、
分かりやすく伝えてくれる本だった。

精神論あり、ビジネスの話も当然あり、テクニカルにも少し触れていて、
いわゆるこれからのwebエンジニアに対するメッセージ満載。

本に影響されやすいのだが、とりあえず
- 本を読んだということを自分の情報として公開すること
は達成したとして、とりあえず満足。

久々でいきなり真面目なネタなので、
次回がやりづらいが、こんな感じでまた再開しよーっと。

| | カテゴリ | コメント(0)

コメントする

Powered by Movable Type 4.261