cragganmore

クラガンモア・12年・40度・750ml

クラガンモア/CRAGGANMORE

蒸溜所は1869年スペイ川沿いに建てられ、近くにクラガンモア丘を望む所から名が  ついた。創業者はジョン・スミス。一説によるとザ・グレンリベットを作ったジョ  ージ・スミスの私生児といわれる。彼は1865年から1869年までグレンファークラス  の借り受け営業者であり、1850年代初頭にはマッカランで、1858年からはグレンリ  ベットで、1860年代初頭にはクライズデールでそれぞれマネージャを勤めた。蒸溜  所は1901年の夏に改築が始まるまで、年間休業日数が2週間に及ぶことは無かった。  1966年、DCLの子会社になっている。現在はUDV社の傘下。  クラガンモアとはゲール語で”突き出た大岩のある丘”の意。ポットスチルは1964  年に2基から4基に増設された。特筆すべきは2回目の蒸溜を施す再溜釜が、一般  的なスワン・ネック型ではなく、煙突のようなT字シェイプをしていること。蒸留  器にはコンデンサーではなく冷却ウォームと呼ばれる螺旋管が使われている。  発酵漕はオレゴン松製が6基。ポットスチルは初溜釜が2基、再溜釜が2基の合計  4基。仕込用水はクラガンモア丘から湧き出る良水を使用している。年間生産量は  140万リットルである。
クラガンモア12年 700ml  40�
軽快な香り、穀物由来のうまみと樽香のバランスが良く識者の評価が高いモルト。  UDV社クラシック・モルトシリーズのひとつ。
¥3,480


俺が飲むたびにやられているウイスキーはこいつだ。
次の日はけっこうグロッキーになってしまう。
そんなに量は飲んでないんだけどなぁ。
ウイスキー自体は非常に良いものらしいので相性かも。

| | カテゴリ | コメント(0)

コメントする

Powered by Movable Type 4.261