2004年9月アーカイブ

2chベストヒット

| | ひとりごとカテゴリ | コメント(0)
2ちゃんねるベストヒット 2ちゃんねるの笑えたレスとかを淡々と記録するよ。
面白い。。。いくつか読んだだけど噴き出してしまった。。。
JavaTM Enterprise Edition 環境のパフォーマンスチューニングの概要
近い未来、こういうことを真面目に考えなきゃいけない日がくるんだろうなぁ。あらかじめ答えを考えておくか。。。

oracleとSUN ONE

| | PCカテゴリ | コメント(0)
Q サンプルアプリケーションでOracleを使用したいのですが A 次に手順を示します

1. 提供されるSQLファイルを使ってOracle RDBMSにテーブルを作成します。
/samples/jdbc/simple/src/sql/jdbc-simple-ora.sql

2. 日本オラクルの JDBCドライバ ダウンロードサイトよりJDBCドライバType 4(Thin版)を取得します。

3. Oracle Type 4ドライバをSun ONE Application Server 7サーバーのインスタンスの/lib ディレクトリにコピーし、サーバーにOracleをインストールします。

4. Oracel Type 4ドライバ用のJDBC接続プールオブジェクトを作成します。
Datasource Classname = oracle.jdbc.pool.oracleDataSource
接続プールのプロパティは以下の通りです。
URL:jdbc:oracle:thin:@$ORACLE_SERVER:1521:$ORACLE_SID
対象となるデータペースに合わせて$ORACLE_SERVERと$ORACLE_SIDを適切な値に置き換える 必要があります。次に例を示します。
jdbc:oracle:thin:@localhost:1521:orcl
User:$USER(対象となるデータベースに合わせて設定)
Password:$PASSWORD(対象となるデータベースに合わせて設定)
5. JDBCリソースjdbc/jdbc-simpleをPointBasePool接続プールから新たに定義したOracle 接続プールにマッピングし直します
6. 変更を適用し、アプリケーションサーバーを再起動します。
7. アプリケーションを実行し直します。

Powered by Movable Type 4.261