ワールドシリーズ

■第4打席:レフト前ヒット・打点1

 8回表、1死からヤンキースで唯一2安打を放っているジーターが1塁線を抜く2塁打で出塁。ここで好投を続けていたベケットは降板。左腕のウィリスがマウンドへ。ジアンビーが歩いた後、ウィリアムズが倒れ、2死1、3塁となって松井が打席へ。

 1ボールからの2球目、外角ストレートを完璧にとらえる。鋭い打球は三遊間を抜ける勝ち越しタイムリー! 松井の貴重な打点で、ヤンキースがついにリードを奪った。

 その後、ポサダが歩いて満塁となるが、代わったフォックスの前に、代打のシエラが三振に倒れ、追加点は奪えず。

 8回裏、ヤンキースは守護神リベラがマウンドへ。3番ロドリゲスからのクリーンアップを、あっさり3者凡退に打ち取った。


松井すげーなぁ。さすが。

| | コメント(0)

コメントする

Powered by Movable Type 4.261